みそ文

うどんときしめんは少しちがう

 最近我が家では味噌鍋が流行している。市販の「豚みそちゃんこ鍋スープ」を買ってきて卓上鍋で鶏肉、豚肉、きのこ、豆腐、紀文魚河岸あげ、野菜、麺を入れて煮る。麺は味噌味が濃い目のスープなので雑炊よりもラーメンよりも太うどんかきしめんがよく合う。これに松山あげを加えることもある。

 日曜日の食材買い出しのとき今回はきしめんを二玉買いましょう、ときしめん売り場に並べてあるきしめんを手に取る。売り場にあるきしめんの賞味期限を見ると2月25日と2月27日のものと2月28日のものとがあり、そのときには今週のどの時点で鍋できしめんを食べるかは未定であったから、賞味期限長めのものでと、2月27日期限のものと28日期限のものを一袋ずつ買い物カゴに入れる。そのとき袋の外から触った麺の感触が、期限27日のものと28日のものとではずいぶんと異なるなと感じる。賞味期限が一日異なるだけで麺というものはこんなに違うのか、製造日が一日異なるだけでそんなに喉越しとコシが変化するのだろうか、口に入れる以前の手で触った感覚だけでもこんなに変化するのであればそうだろう、だから手打ち麺を供するような外食屋さんでは時間が経過した麺は廃棄処分にする場合もあるのかな、とカートを押す夫に話す。夫は「そうなん?」と言っただけでレジに向かう。

 レジで会計を終えて帰宅する。買ってきた食材を冷蔵庫に片付けながら夫が「うわ、ほんまや。麺を触った感触がちがう」と言う。「ね、そうでしょ。期限が一日違うと麺の食感以前に触る方の触感までこんなに違うんかね」と応える私に夫は「ほんまやなあ、えらい違うなあ」と言う。

 そして今宵の夕食が豚みそちゃんこ鍋となった。今夜の野菜はもやしとチンゲンサイ。きのこはしめじ。きしめんは期限が27日のものを先に入れて使う。28日のほうは明日の二日目ちゃんこで食べよう。市販の鍋用スープは二人家族で一度に食べつくすには量が多く、一日目の具から出ただしがおいしいから、別の鍋で昆布とだしパックを泳がせて翌日煮出しただしを追加して二日目ちゃんこを食べる。

 はふうはふう、おいしいね、と言い合いながら食べていて、夫が「ねえ、これ、ほんとにきしめん?」と訊いてくる。

「きしめんだと思ってきしめん売り場から取って買ってきて片付けて鍋に入れたけど、そう言われればきしめんにしては少し厚みがあるねえ」
「麺が四角いのは四角いけど、本当に二個ともきしめんだったんじゃろうか」
「どうだろ、もう一個の期限が一日長いほうはまだ冷蔵庫の引き出しにあるよ」

 夫は冷蔵庫の引き出しをあけて「きしめんだ」と確認したあと「今日の麺の袋は?」と言う。「もう洗ってゴミ袋に捨てた」と言うと夫はゴミ袋の一番上にある麺の袋を手にとって「うう、やっぱりちがう」と言う。夫が私にも見えるように見せてくれた麺の袋には「うどん」と書いてある。

「ああ、これは、やっぱりきしめんじゃなくてうどんだったんじゃね。それなら袋の外から触った感触があんなに違っていたのも納得」
「それは、うどんときしめんじゃあ違うじゃろ。売り場で気づかんかったん?」
「うん。きしめんの列に一緒に並んでいたから。袋のデザインや色合いも似ていたのかな。そういうどうやらくんも冷蔵庫に片付けてくれるときに気づかんかったじゃろ」
「うん。気づかんかったなあ。でもこうして鍋の中で煮た麺を見て食べるとやっぱりきしめんとうどんは違うなあ」
「ほんとうにねえ。今日も明日もきしめん食べる気満々だったのに、うどんだったのは、まあいいけど」
「ほんまに、まあええけど、やなあ。でも太めの白い麺ならこのスープには合うからいいっちゃいいんだけど、気持ちはきしめんだったなあ」
「うん、私もきしめんの気持ちだった」

 食後に家計用財布の中のレシートを見る。きしめんはきしめんと、うどんはうどんと印字してある。値段は両方とも一袋48円。きしめん売り場に一列に整然と並んでいるからといってそこに並んでいるものが必ずきしめんだと思い込まず今一度「これはきしめんに間違いないかな」と包装の文字を確認する子に私達は成長するのだろう。

 明日の味噌煮込みきしめん、たのしみ。明日は松山あげも入れよう。     押し葉

パジャマゴムのアジャスター

 パジャマネタつづく。

 前の日記を書いたところ、パジャマのゴムの中央に穴があることとボタンでその根本を留めてあるのはそれは「アジャスター(長短調節機能)」なのではないかとのご指摘をいただき、いまいちど自分の男性用パジャマを見てみたところ、おおーっ、ボタンがはずれたー、縫い付けていたわけではなかったのかー、と知る。七年ほど前の私は当時自分でこのボタンをゴムのボタン穴に通して留めたはずであろうのにその記憶はまったくない。

 この穴のあいたゴムとボタンによるアジャスター機能は妊婦服にはよくあるものであるらしい。妊婦服を着る機会がなかった私には未知の世界であったが、なるほど世の中にはよく考えられた便利なものがあるものだ。そしてこの男性用パジャマは刻一刻と中年太り成長をするお年頃の男性のお腹に対応すべくこのアジャスターゴムが採用されていたのであろうなあ。

 最近は女性用のパジャマのズボンに関しても、私は自分でゴム通し穴の位置でゴムをいったん断ち切りそこに調節紐を縫い付けることが増えてきた。ゆるーくしたいときにはその紐の先を短く結び、すこししっかりと締めたいときにはその紐でゴムを引き寄せ紐を長めに結ぶ。
 購入したものそのままではウエストのゴムがきつくはないが着用時の見た目の女性らしい身体のラインを整えるためなのか若干絞りすぎで個人的な快適快眠の満足度が低いと感じることに対して手間でも対応しようというくらいに快眠求道度合いが高まってきたのかもしれない。
 また私の身体は女性構造なのでホルモンバランスの変化によって骨盤が開いて腰回りお腹まわりが広がる時期と骨盤が閉じて胴回りが細めになる時期とがある。その時期に応じてウエストゴムが調節できたら寝るときの腹部の「なにも気にならない快適」が高くなるのではないかと思い、そうして調節紐をつけてみたらそのとおりであった。

 そして今回長年使っていながらその存在をすっかり忘れていただけでなく自分でボタンを縫い付けてゴムを固定したと思い込んでいた男性用パジャマも、自分の骨盤の開閉に応じてゴムを長めに引っ張りだしてボタンで留めれば胴体が細い時期にちょうどよく、ゴムを短めにしてボタンで留めれば胴体太めの時期にちょうどよい、その都度よりいっそう快適な状態に調節できる構造ということではないか。

 わあ、ゴムの中央に並ぶ横穴にはそういう目的があったのかあ。ゴムを丈夫に保つのが目的ではなかったのね。

 今度自分でゴムを買ってきてパジャマにゴムを通すときには、この穴あきタイプを買い求めボタンをつけてアジャスターゴムとして使えるようにしようっと。そのほうがゴムに調節紐を縫い付けるよりもラクかなどうかな比べてみよう。     押し葉

妻の男性用パジャマ

 昨日の日記を書き終えてパソコンを閉じ寝支度をする。その合間に「男性用の衣類はボタンが右前でボタンホールが左前というのはほんとうなのかな」という確認がしたくなりこっそりと夫の部屋に侵入しワイシャツの前を見る。わあ、本当だ、全部ボタンが右側の前身頃に付いている。そうなのかと納得してから自分のパジャマを着る。そこで「あ、そういえば、このパジャマ、男性用だ。ボタンが右側ボタン穴が左側だ」と気づいて思い出す。私が持っているパジャマの中で唯一の男性用パジャマなのだが、これは間違えて買ったわけではなく、あえて選んで買ったものだ。

 七年前後くらい前になるのだろうか。寒い時期で私は自分のほしいパジャマを求めていた。当時は今ほどネット通販は日常的な存在ではなく実店舗での買い物が主だったから店頭でさがしていたのだろうと思う。パジャマが売ってあるところに行けばこまめに見るのだが自分が求めるようなものとなかなか出会えない。その時に私が求めていたパジャマとは、肌さわりはよく厚手であり、膝頭とできれば背中の風門の部分にも保温のあて布がついていて、ウエストゴムがぴったりよりもゆとりのある、かといってズボンがずり落ちはしない、胴囲腹囲に一切の締め付けられる感がないもので、腹部圧迫は避けたいがズボンのないネグリジェタイプではなくズボンありのパジャマ、という条件だった。

 当時は現在通う食材買い出しのスーパーがまだ以前の二階建てだった頃で二階部分に衣料品店と100円ショップが入っていた。買い物に出かけたときに私が「なかなか求めるパジャマと出会えなくて」と話したら、夫が「そういうパジャマ、男物ならよく見るけどなあ」と言う。「え、そうなの、どこどこ、どこのパジャマ売り場で見たの」と問うと「みそきちがスーパーの二階の服屋でなんか見てたときなんかに待ちながら男物をなんとなく見てたときも、他のお店に行ったときでもあったぞ。腹回りはようわからんけど、男物の腹回りは基本的にどれもみそきちにはでかいんじゃないかな。でもゴムは細くするのは引っ張れば済むんだったら、小さめサイズの男物を着てみる手もあるんじゃないかな」と提案してくれる。おお、そうか、その手があったか。それは思いつかなかったなあ。そうか、その方向で見てみよう。

 そう思い当時のスーパーの二階の衣料品店の男性用パジャマコーナーを見たら、グンゼのMサイズの厚手のパジャマが売れ残りなかんじで置いてあり、その売れ残りな感じ故にだったのかお値段がもともとの金額の半額くらいでお手頃価格になっていた。上半身部分の肩幅を自分の肩に当ててみる。両肩の骨の角から肩の縫い目がちょっと腕側に5cm弱くらい落ちるが腕の長さは腕まくりしなくてもいいくらいに手首と手の甲を覆うもの。ズボンを脚にあててみると裾を折り返すことも裾上げをすることもなく穿けそうな長さ。胴から膝上あたりまでのラインが女性物とは異なりダボッとしたようなズボッとしたような形でウエストサイズはゴムを伸び縮みさせてみても明らかに大きすぎるがゴムを引き出して少し細くすれば私の希望通りの圧迫感のないちょうどよいサイズにできそうだと判断してその男性用グンゼパジャマを購入。

 その男性用パジャマのズボンのウエストは現在見てみるとゴムが10cmくらい、折り合わせた状態では5cmくらい引き出してある。そのゴムの折り合わせた付け根部分をただ縫うのではなく、当時の私はなぜか小さなボタンを縫いつけている。ボタンをつけた部分だけが糸で固定してあり、そのボタンがつっかえとなりそのゴムはゴム穴から中には入っていかない。ゴムを縦に縫うのが面倒でボタン付けの縫いだけで固定したくてそうしたのか、どういう理由でそのゴムにボタンを縫いつけたのかは思い出せないが、引っ張りだして折り合わせたゴムは常にゴム出し入れ口のところでひらひらとしているものをそのままで着ている。そのゴムはグンゼ製品ゆえなのかそのまま切って捨てるには惜しいしっかりとしたゴムで、幅は2cmほどあるが中央に5mm程度の横穴が等間隔にあいており、この構造だから丈夫なのかどうかはわからないものの実際にとても丈夫で、もろくなりにくいけれども締めつけ感が少ないよいゴムであるような気がする。

 このパジャマはおそらく当時の私が冬の冷えがひどく気になる頃に買ったのだろう。これを着るとたいへん暖かいが寒くない日に着ると熱いので、着るのは雪が降って気温がぐっと下がる時期限定で、もともとの生地が丈夫であるのに着る期間が短いから生地がそれほど傷むこともなく、毎冬冬将軍様が少し本気を出して雪を多めに降らせ世の中がきゅうんと冷えた夜にはいまだに取り出してはこれを着る。
 そしてこのパジャマのボタンは右側の縦についており、ボタン穴は左側の縦にある。しかしそれでことさらボタンが留めづらいとも着づらいとも思ったことがないのは、第一ボタン以外は常に留めていてかぶって脱ぎ着をするから気にならないのだろう。
 それからズボンの前側には男性がパジャマを着たままでトイレで用を足せるように穴があけてありその穴の真ん中あたりの内側がボタンで留めてある。私はこの穴を使うことはないけれどここの布が幾重かの折り重ね状態になっているおかげでおへそから恥骨までの縦ラインが暖かい。その部分が幾重かに布が重なっているからといってごわつき感はまったくなく穴を閉じてある中央ボタンの存在による違和感もない。
 柄は薄茶色地に青と緑とこげ茶色のチェック。そういえば、今回夫が間違えて女性用を買ったかもしれないパジャマもベージュ地に茶色っぽいような色合いのチェック柄だったなあ。     押し葉

パジャマの性別

 ずいぶん以前から夫は「パジャマを買いたいなあ」と言っていた。うん、そうだね、買ったほうがいいと思うよ、と私も長らく応えていた。しかし夫がよく行く山用品屋さんにはパジャマは売っていないのかなかなか買わない。山用品屋さんにこだわらずともユニクロでもどこででも買うとよいのだろうけれど、出かけた時になかなかパジャマのことを思い出さないようだ。だからたまに生協カタログをめくっているときに男性用パジャマを見かければ「パジャマ出てるよ。買う?」と尋ねるが、夫は「うーん、いいや」と言う。ネット通販で何か買うときに男性用パジャマもあるサイトを使うときには「ついでにパジャマも見て買う?」とも問うてみたが、夫は「うーん、いい、またお店で直に見てから考える」と言う。そう言うならそうするのがいいよね、というのがこれまでの経過。

 昨日の夕方、毎週日曜日に食料の買い出しに行くスーパーに併設されている衣料品店で夫が「おれ、パジャマ買ってくる」と言う。「おお、よく思い出したね。じゃあ、私は先にスーパーで定番の買い物を始めているから、あとから合流してね」と夫と別れて食品売り場に移動する。

 一昨年の夏かもうひとつ前の夏かに、夫がここの衣料品店で夏用の軽くて乾きやすい短パンを買うときに私もその場に一緒にいたことがある。売り場にかかっている商品を手にとり夫が「あ、これにする」と言う。私が「その短パンはMサイズだよね。その大きさだったら、どうやらくんには少し小さく見える気がするなあ。どうやらくんにはLサイズでもいいと思うんだけど」と言うと、夫は「いや、Mでいいって。Lだとブカブカ」だと言う。

「でもね、ここの服って安くて手頃だけど同じものでも微妙にサイズが違うことよくあるから、試着できるものは試着したほうがいいよ」
「短パンに試着なんか要らんって。これでいい。これ買う」

 そう言って買って帰った短パンを家で穿いた夫が「なんかこれ小さいかも。ウエストきついかも」と言う。それは見るからにきつそうで長さも足りなくて、なにかのコントの衣装のよう。結局その短パンは夫が穿くには小さいが、私が代わりに穿くには大きくラインが男性用で身体に沿わず、そのまま。

 そのときにそんなことがあったから、今回は私は彼のそばにいないことで何も言わないことで夫の無事で円滑な買い物を応援する気持ちで別行動してみることにした。

 結果的にパジャマの買い物はたいへん速やかに済まされ、食材買い出しのかなり前半の部分で夫は私と合流した。日常的に必要な飲食物と今週なんとなく食べたいなと思うものをカートのかごに入れ購入して帰宅する。出かける前に洗濯機でつけ置き洗いしておいた洗濯物を洗濯機にかける。夫が「今買ったパジャマ入れたら洗うの間に合うかな」と言う。「もちろん間に合うよ。値札外してネットに入れて放り込んでくれれば。洗濯は7分間回るからその間に入れれば余裕」と伝える。夫はハサミで値札を切り取り、新しく買ったパジャマを洗濯ネットに入れて回転する洗濯機に追加する。洗濯機が順調にぐおんぐおんと回転する。夫がふと「あのパジャマおれには小さいかも」と言う。

「え、なんで。サイズ確認して買ったんでしょ」
「サイズは見た。あそこの店でMのものを買うとおれにはだいたい小さいのがわかったから最近はLを選んで買うようにしていて今回はLと思ってLサイズであることと素材が綿100%であることは気をつけて買った」
「んー、だったら、大丈夫なんじゃないの」
「それが、LサイズはLサイズでも、女性用かもしれん」
「男性用パジャマと女性用パジャマが同じところにかかってたの? 男性用のコーナーに女性用パジャマが紛れ込んだのをたまたま選んだのかな」
「うーん、わからんけど、男性用だと思ったけど、さっき切った値札とかのタグの身長のところに、男性用のLだったら165cmから175cmって書いてあることが多いんだけど、155cmから165cmって書いてあったような気がする」
「えーと、その身長は女性用のLサイズに多く書いてある数字と似てるね」
「じゃろ。ああ。間違ったかも」

 洗濯機が「最後の脱水まで終わりましたよ」のお知らせをしてくれる。洗濯機から洗濯物を取り出しサンルームに干す。夫が買ったパジャマをパンパンと伸ばしてハンガーにかける。

「どうやらくん、男性用のパジャマのボタンって、ボタンが右側にあるのかな」
「うん。ボタンは右側」
「ボタンホールは左側?」
「そう。ボタンを通す穴は服の左側にある」
「そうなんだ。あのね、このパジャマはボタンが左側についていて穴が右側にあってね、私が着ている衣類はだいたいそうってことは、これって女性用なのかなあ」
「うん、そうかもしれん」
「そうかあ。見た目の大きさとしては、そんなに小さくは感じないけど、メンズ衣類のLサイズとしては小さいといえば小さいかなあ。あとね、男性用パジャマにはズボンの前におしっこするときの穴があけてあるのがあるけど、これにはその穴はないよ」
「うーん、あの穴は付いているパジャマと付いてないパジャマとあるからなあ」
「そうなのかあ。どうなんだろうね、これは」
「乾いたら一回着てみるけど、もしそれで小さかったら、みそきちどんさん着て。プレゼントするから」
「わかった」

 そして夫は少し前にそのパジャマを着た。ボタンの左右が違っていて留めにくいと言いながらも「大きさは着れるなあ」と言い、ズボンの前と後ろはどっちだろうと言いながら何度も前と後ろを穿き直す。「あのね、ウエストのゴムを揃えた状態で股の縫い合わせを見るの。で、その縫い目を境にして生地が多いほうというか体の前後おしりの割れ目にあたる部分の縫いしろが長いほうが後ろ側で短いほうがお腹側だよ」と説明する。夫は「じゃあ、こっちが前やな。ゴム入れの印があるほうが前か」と言って穿く。ズボンの長さとしては夫の脚の長さでも問題ないが太ももあたりと腰回りがなんとはなしにパツパツしているように見える。すこし細身めのデザインのものなのだろうか。「ウエストはきつくない?」ときくと夫は「ウエストは大丈夫」だと言う。「太もも周りはどうかな」ときくと「うーん、いけそう」と言う。たしかに上半身の肩幅は夫には少し大きいのかな、と思えるくらいの肩の位置で袖丈は夫の腕の長さにぴったりかなあ。実際に着て寝てみて寝心地に問題がなければ、たとえこのパジャマがもともとは女性用に作られたものだとしても、夫がよしとするならばそれでよしということにしよう。     押し葉

体重と腹囲

 夫は山歩きを始めてから「痩せた。特にお腹まわりが痩せた」「ダイエットするなら山歩きいいぞー」とあちこちで布教するひとになった。

 先日ふと、そういえば現在夫の体重はどのくらいなんだろう、と思い夫に「ねえ、どうやらくん、いま、体重は65kgくらい?」とたずねた。

「そんなにない」
「んー、じゃあ、63kgくらい?」
「うん。それくらい」
「じゃあ、一番太っていたときにはどのくらいだったん? 68kgくらい?」
「そんなにはないない。65kgくらい」
「えー、そうなん? だったら、山歩いて痩せた痩せたっていってもせいぜい2kgくらいのことなの?」
「んー(なにやらしばらく頭を巡らせて)、やっぱりいちばん太っていた時は67.5kgくらいあったかもしれん」
「それって四捨五入したら68kgだよね?」
「まあ、そうかもしれん」

 結婚したときには58kgくらいだったことを思うと夫は着実に中年太りしたのだろうとは思うが、身長が170cmであることを鑑みると63kgというのはちょうどよいくらいの体重なのではないかなと思う。
 結婚後夫が太ったことに関して義実家の両親は「そりゃあ、みそさんがうまいものばっかり作ってくれるけんじゃろう」とにこやかに誤解をしてくれるのでそういうしあわせな誤解はこちらもにこやかにそっとしておくこととして、あとはお山にお任せしておけばそれでよきに計らわれるはず。

 ちなみに腹囲は一番大きかったときに比べると8cmほど細くなったのだとか。いまはもういくら山を歩いても体重も腹囲も特に変動することなく一定の数値を維持している。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん