みそ文

息づかいがあらいとき

 職場のカウンターでお薬をお渡しし終える。患者さんが帰られたあと、今しがた聴いたお話と自分が説明した内容等を薬歴に入力して記録する。前回と前々回のお薬と薬歴の内容をあらためて見て、あら、そういえば、前回は「頓服はまだ残っているんで今日は要らないです」とおっしゃって、そうでしたか、では、必要なときにはそちらを使って調整してくださいね、とお話しした、とある。そのお話をしたのは私だ。前回は頓服に関するお話をしたけど、今回は私の方もお尋ねせず患者さんも自発的におっしゃりもせず、頓服薬なしで大丈夫なのか確認しそこねちゃった、と書いておこうかしらね、と思っていたら電話が鳴る。

 同僚の事務さんが電話にでる。電話の相手は上記の患者さん。「いま気づいたんですが、今日の診察のときに先生に『手元に頓服がもうないから出してください』と頼むの忘れてて頓服出してもらってないんです。前に出してもらったのと同じ頓服薬を出してもらいたいんですけど、どうしたらいいですか」というご相談。

 事務さんは「そうでしたか、ではですね、まず一度こちらの薬局にお立ち寄りいただけますでしょうか。そのときに先ほどお持ちくださった処方箋をいったんお返しいたしますので、その処方箋を持って先生のところにもう一度戻っていただいて、受付で『頓服の処方も追加でお願いします』と伝えてください。そうしたら先生が、必要であればお話聞かれて、追加処方を書いてくださいますので、それからまたこちらに処方箋を持ってきてください。先ほどのお薬をまとめて入れたビニール袋に頓服を追加でご用意いたします。それで頓服が追加になったぶんお薬代が少し高くなりますから、先ほどいただいた代金との差額をいただく、という形になりますが、今日のご予定として大丈夫そうですか?」と説明。その患者さんは「ではこれからすぐに行きます」とおっしゃる。

 電話を切った事務さんが「今の方の処方箋、こちらに準備しておきますので、もし来られたら、これを渡してくださいね」と連絡してくれ、「はい、ありがとうございます、了解しました」と応える。そして「実は、私、薬歴を書いていて、あれー、今日はこの方、頓服は要らなかったのかしらー、どうだったんだろう、と考えてたところなんです。そう思った私の念とこの患者さんの気づきが、ぴぴぴぴっ、と電気のようなものでつながったんでしょうか」と続ける。事務さんは「ああ、それなら、それは、きっとそうだ、そうにちがいない」と言う。

 私がトイレに行っている間にその患者さんは戻って来られ、私がトイレから戻ったら、事務さんが「今クリニックに行かれました」と教えてくれる。しばらくの後その患者さんが処方箋に頓服薬の追加処方が記載されたものを持って来られる。私が調剤室の奥で何かしている間に、事務さんと先輩薬剤師が追加の処方内容を確認する。

 通常であれば、処方箋をコピーして、コピーを見ながら調剤室で調剤し、処方箋原本を見ながら事務の人が入力を行う。しかし、今回は頓服薬数錠のみの追加だから、コピーはせずに処方箋原本は事務さんにそのまま手渡して、先輩薬剤師が目視確認した処方内容を記憶してから調剤室に入ってきて読み上げてくださる。先輩薬剤師が読み上げるとおりに引き出しからその薬をその数出して、頓服薬用の袋に、1回1錠5回分、と書く。余白には、いつ、どんなときに、この頓服薬を使うか、という医師からの指示文言を書く。先輩薬剤師が「服用時は、息づかいがあらいとき、だったと思う」と言う。私はイタコのように言われたままの音を文字にする。指先に持ったペンを動かして『息づかいがあらいとき』と書く。

 先輩薬剤師と二人で薬の内容と数と薬袋に書いてある内容を確認する。あらためて見てみると、この処方医の先生が「息づかいがあらいとき」という指示を出してこられるのはなんとなく珍しいような気がする。どちらかというと『便秘時』『不眠時』『不安時』『緊張時』『ドキドキするとき』などさくっとした表現を多く用いる先生のような印象を持っていたのだけれど。でもまあ、私は入社数ヶ月の新人で、先輩薬剤師は十年以上この薬局開局時以来ずっとこの処方医の先生の処方箋をたくさん見てきた人だから、こんな指示文言もときにはあるのかもしれないな、と思う。

 薬を持ってカウンターに出る。念のために今一度確認、と思い、入力作業をしている事務さんに「処方箋の頓服の追加処方の部分、見せていただけますか」と頼む。処方箋を見ると、その薬の服用時指示は「息づかいがあらいとき」ではなくて「息苦しい時」となっている。事務さんに「服用時は『息苦しい時』で入力されてますか?」と尋ねると、「はい、処方箋どおりに」と言ってPC画面を見せてくださる。「はい。本当ですね。ちょっと薬袋書きなおして来ます」と言いながら自分が薬袋に書いた『息づかいがあらいとき』という文字を見せる。事務さんは首をふるふると横にふって、患者さんに聞こえないくらいの小さな声で「それは少し違うわ」と言う。

 調剤室に戻って、薬袋の服用時部分をホワイトテープで修正する。先輩薬剤師が「あら、なにか違ってた?」と問われる。「はい。処方箋に書いてある服用時が『息づかいがあらいとき』ではなくて『息苦しい時』でした」と答える。先輩薬剤師は「まあ、それは、失礼しました。すまんすまん」と言われる。「いえいえ、では『息苦しい時』で」と、書きなおした薬袋を見てもらってからもう一度カウンターに出る。

 そのお薬を患者さんにお渡しして、先程は頓服のお話を伺い損ねてごめんなさいね、近くで思い出して気づいてくださってよかったです、ありがとうございました、とお礼を伝える。患者さんも「いえいえ、こちらこそ助かりました」とおっしゃる。「では、もう何度かこの頓服は使ってくださってるのでよくご存知のことと思いますが、むむっ、これはなんとなく息苦しいかな、という気配を察知したらすみやかに投入してください。本格的に苦しくなって動けなくなるまで我慢したりせずにお願いしますね」とお話する。

 無事にその患者さんが出てゆかれて、存在するのは薬と機械と備品と従業員だけの薬局になる。「珍しい表現だとは思ったんですけど、やはり『息づかいがあらいとき』というのは、よく考えるとなんだかあやしいですよね」と話す。事務さんは「うん、なんだかすっごくあやしいです、いったいなにをして息づかいがあらくなってるの、と思います」と言う。

「まあ、たしかに、息苦しい時、というのは、だいたい、息づかいがあらくなる、ものではあるんですけど、薬をのむときの指示としてはあんまりない表現ですかねえ。わりと長く薬剤師してるんですけど、まだ見たことないかなあ」
「私もけっこう長いこと医療事務やってますけど、その表現は見たことないし入力したこともないない」

 そこに先輩薬剤師が現れ「すまんのう。へんな文言で混乱させて。なんだか思いきり作った(創作した)なあ」と言う。私は「いえいえ、思いがけない珍しい文言で面白かったです。薬袋を訂正して書きなおす時間分、患者さんにはちょびっとだけ長くお待ちいただきましたけど、問題のない範囲だったと思います」と言う。事務さんが「問題は、なかった、ですね。主任(先輩薬剤師)のちょっと意外な日本語表現力が垣間見えた気はしますけど」と言う。先輩薬剤師は「ほんとうにすまんすまん、もうそのくらいで許してくれ」と言う。

 毎日飲むほうのお薬の継続で、その患者さんが息苦しくなるような事態を少なく、できれば殆ど息苦しくなることがないように、調整してゆけるといいなあ。それでももしも息苦しい症状が出てきた時には、今回お渡しした頓服薬を適切に使って日々の暮らしやお仕事の質を保てるように上手に工夫してくださるといいな。     押し葉

野菜と果物バンブーダンス

 ずっと以前、自宅から関西空港が割と近い場所にあった頃、私達夫婦はちょくちょく南の島へ出かけた。

 ある年のある温かい時期に訪れた南の島で、夕陽が沈むのを眺めながら海岸沿いの道をそぞろ歩く。夕ごはんにはその日そのとき食べたいものを選ぶ。
 その日はサテという焼き鳥だけどつけてあるタレが甘いピーナツ味のものを何本かと、別のお店でラプラプ(熱帯魚)の塩焼きを食べて、もちろんビールも好きなだけ飲んで、たのしくておいしかった。
 でも、まだ、なんとなく植物的なものが食べ足りない、つまり野菜不足果物不足な気がするね、と、話す。

 コテージの部屋にはモンキーバナナの房を買っておいてあるけれど、あれは朝ごはんやおやつに食べるもので、もうかなりの量を食べていたから、バナナに対する欲望はそれほどではなく、バナナ以外の果物とお野菜を食べたいね、という気分。

 サテとラプラプで腹八分目のお腹を抱えて歩いていたら、私達が泊まるコテージの近くにある別の宿泊施設のレストランでディナーバイキングが開催されているのを発見。
 バイキングだから、お肉もお魚もお野菜も果物もお菓子もアルコール以外の飲み物もこみこみでたぶん千五百円くらい。
 でももう私たちのお腹はかなりいっぱいになってるからバイキングであれこれ食べたい気持ちはない。けれど、ここのレストランであと二十分くらいすると始まる「バンブーダンス」のショーは見物したいなあ。と思いながら入り口のメニューを見ていたら、バイキング以外にもちゃんと単品メニューが存在していて、野菜サラダやフルーツサラダの注文が可能であることに気づく。
 ああ、よかったね、ちゃんと単品メニューがあるのなら、それを注文して食べて、バンブーダンスを観て帰ろう。
 
 レストランに入る。建物といっても、柱と屋根以外には高い壁があるわけではなくて、窓も窓ガラスもなくて外の景色はそのままよく見える。外の風も通り放題。寄せては返す波の音も聞こえてくる。
 席に案内してもらって座る。昼間に日焼けした皮膚、特にふくらはぎの皮膚が椅子の脚にうっかりあたると痛い。なぜふくらはぎが陽に焼けているかというと、昼間海でシュノーケルを口に加えて水面にぽよんとうつぶせに浮かんで海中の様子を眺め続けていたから。ふくらはぎの日焼けは予想していなくてふくらはぎには日焼け止めを塗り忘れていたから。
 
 ウェイターさんが「この時間帯限定サービスのディナーバイキングでよろしいですか」と当然それを注文するよねな面持ちで尋ねてくださる。

「いいえ、もうディナーは他のお店でいろいろ食べてきたものですから、こちらでは単品で野菜サラダとフルーツ盛り合わせをいただきたいのですが、この時間帯の単品注文は可能ですか? あと飲み物もいただきたいので、先にミネラルウォーターとあとでこのジュースひとつとコーヒーをひとつお願いしたいのです」
「もちろん可能ですが、バイキングよりも割高といいますか、バイキングでしたらいろいろ込みで千五百円のところが、野菜と果物各七百円とお飲み物ひとつ三百円でお一人さま千円ほどいただくことになります。もう五百円ずつご負担いただくだけで、当店自慢のお肉やお魚料理もごゆっくりとお召し上がりいただけるのですけれど、そちらは御入用ではないでしょうか」
「ありがとうございます。せっかくなのですが、他でいろいろ食べてきたのでもうそんなにいろいろは食べられないんです。割高かもしれませんが、私たちは単品での注文が可能でしたらそちらでお願いします。それと、もうすぐ始まるバンブーダンスを見て行きたいのですが、それは別に観覧料が必要ですか?」
「いえ、それは必要ありません。当レストランご利用のお客様皆様へのサービスとして無料でご覧いただいておりますので、どうぞごゆっくりお楽しみください。よろしければのちほど舞台でご一緒に踊ってください」

 最後の「舞台で一緒に踊れ」のところだけ、その意味がよくわからなかったけれども、バイキングではなく単品注文もできることがわかり、なおかつバンブーダンスを見物できることもわかり、安心する。

 しばらくすると私達が注文したミネラルウォーターと野菜サラダと果物サラダが運ばれてくる。ウェイターさんが「どうぞごゆっくり」「バンブーダンスは何時からですからもう少しお待ちくださいね」という意味のことを案内してくれる。「ありがとうございます。たのしみです」と応えてから、両手をあわせていただきます、と挨拶してサラダを食べようとする。

 そうしたところ、近くの別のテーブルに座っていた団体客の人たちが「もしかしてあの人たち(私達夫婦)英語がよくわからないのかしら。だからバイキングのことがよくわからなくて単品注文なのかしら」と瞬時に話しあって、そのうちの一人の人が私たちの席に近づいて来られ「あの、日本から来られた方ですよね、もし、英語で何かお手伝いが必要でしたら」と日本語で声をかけてくださる。

「こんばんは。はい、日本から来ました。ありがとうございます。えーと、今のところ、特に英語で不便はないみたいなので、たぶん大丈夫です」
「え、でも、このサラダ、お野菜も果物も、バイキングだったら、こみこみ千五百円で食べ放題なのに、割高な単品で注文するのは、ここのバイキングシステムがよくわからなくて、ではないのですか。今からでもバイキングに変更してもいいと思うんですよ、もしお店の人に言いづらくてなら代わりに言ってあげられますけど、大丈夫ですか」
「ああ、これはですね、実は私達、もう他のお店を何軒かはしごして、お肉やお魚はたくさん食べ終えてるんです。あとはお野菜と果物が食べたいなあ、と思ったところでこちらのレストランを見つけて、しかもバンブーダンスショーもあると書いてあるし、バイキング以外の単品注文も可能だったので、そちらにしたんです。お気遣いありがとうございます」
「ああーそうでしたかー。でもバイキングだったら、デザートのケーキやプリンもあるんですよ、ドリンクも無料なのに」
「いえいえ今日はもうケーキもプリンもほしくないんです、食べられそうにないんです」
「そうでしたか、そういうことなら安心しました。では、どうぞごゆっくり」
「はい、ありがとうございます」

 その人がグループの席に戻り「あの人達(私達夫婦のこと)、英語がわからなくてバイキング注文できなかったわけじゃないんだって。もうお腹いっぱいだから食べられるだけの注文にしたんだって」と説明する。グループの人達が「私らだったらお腹いっぱいで食べられんと思っても千五百円で食べ放題だったらそっち注文していろいろ食べてああ食べ過ぎたーって後悔するのに、そこで割高でも単品注文にしておこうという理性が効く人もいるんやなあ」と感心してこちらを見て会釈される。私もにっこりと会釈して「ありがとうございました」と彼らのご心配とお気遣いに対するお礼の気持ちを伝える。

 ウェイターさんが残りの注文分の飲み物を運んできてくれて、「もしもこちらの野菜サラダと果物で足りないときには、よろしかったらバイキングコーナーの野菜と果物を追加でとって食べてください。このお皿に入っているものと内容は同じものが置いてありますので。お肉やお魚やケーキなど他のものはとっていただくことはできませんが、よろしければ」と案内してくださる。「ご親切にありがとうございます」とお礼を言う。ウェイターさんがいなくなったあと、夫が私にだけ聞こえるくらいの小声で「ヘンゼルとグレーテルか」と言う。「ここの人達は、ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家のおばあさんみたいに、おれらにバイキングの食い物を無理やり食べさせて太らせる作戦か」と。

 お野菜と果物を食べて身体がほうっと満ち足りる。今日の食事はこれ以上でもこれ以下でもなくこの量と内容がぴったりだったなあとその加減にうっとりする。

 バンブーダンスのショーが始まる。長い竹の棒二本を舞台の床で二人の人が持ち開いて閉じてを繰り返す。竹と床がぶつかる音がチャカチャカと軽快なリズムを奏でる。その二本の竹の間に踊り手が入ったり出たりして足を竹の棒に挟まれないように音楽に合わせて跳ぶのがバンブーダンス。音楽が速くなると竹の動きも速くなり、踊り手のステップも跳躍も速くなる。
 すごいね、すごいね、おもしろいねー、とたのしく見物。
 後半のダンスが始まってしばらくしたところで、舞台でマイクを持つ人が「では、ご来場のお客様にもご参加いただきましょう。各テーブルから何名かずつ舞台の方へお願いします」と言われる。夫が「みそきちどんさん行って行って」と言う。「おれはここで写真を撮るから、さあ」と。

 バンブーダンスはビールで酔った身体には少々つらい。それでも音楽の最後まで足元で小さなジャンプを繰り返し、最後は舞台の上の人達と手をつないで観客席にお辞儀する。舞台のスタッフの人達から拍手で見送られて席に戻る。

 南の島の夜の思い出。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (108)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん